IT-SECURE

ITセキュアは、M2Mテクノロジーズ(株)のセキュリティソリューションブランドです。

お問合せサイトマップ  fb  fb  fb

問い合わせる

OnePointWall

時事ドットコムの記事によりますと、「シェア(Share)」や「ウィニー(Winny)」といったファイル共有ソフトを通じた違法ファイルのやりとりが横行する中、警察庁は2010年2月4日、共有ソフトの利用者でつくるネットワークを常時調査するシステムを開発、運用を始めたと発表しました。
企業のネットワーク管理者およびコンプライアンス担当にとっては、ますますファイル共有ソフトウエアの利用制限を厳しくしていく必要が高まってきました。
実際の対策としては、3点考えられます。

ワンポイントウォール/OnePointWall とは

OnePointWall(OPW)は、ネットワークの運用管理ポリシーに反するWinnyやShareの様な不正なp2pアプリケーションの通信を検知または、通信制御する特殊なファイアーウォール製品です。L2のスイッチグハブの様な透過型で動作するために、ネットワークの変更なしに簡単に導入できます。

 

ワンポイントウォール/OnePointWallの導入効果

  • 社内から社外へのファイルの流出を防止
    WinnyやSoftEtherのようなファイルの流出の可能性があるp2p等の不正なアプリケーション通信を選んで規制・ブロックします。
  • 職員のネットワークの業務外利用を防止
    ネットワークゲームや株取引などの証券取引サイトへのログインを阻止または検知を行います。
  • 掲示板やブログへの書き込みを防止
    職員の衝動的な、情報の書き込みを防止いたします。
  • 通信量の安定が保てます。
    ストリーミング(動画配信や音楽配信)や大量ファイルの交換(Winny,Share)などの帯域を無節操に占有するソフトウエアの通信を防止し、業務利用者の通信効率を下げません。
不正通信ファイアーウォール OnePointWallに関する質問です。
改ざん検知sitepatrol
codima toolbox
中国暗号利用申請代行
IT-SECUREITロゴ
問合せフォームへ
tel:073-499-6422