IT-SECURE

ITセキュアは、アットシグナル株式会社のセキュリティソリューションブランドです。

サイトマップ  fb  fb  fb

問い合わせる

中国暗号利用申請サービスのよくある質問:FAQ

中国における、暗号利用の申請サービスに関する、よくあるご質問集です。
Q1:使用申請をせずに見つかるとどうなりますか。
A:見つかった場合だけになりますが、該当機器であるパソコンやVPNルータ、USBメモリ等を当局に没収される場合があります。それより、問題はその企業がブラックリストに登録され、法が厳しくなった場合の監査対象にされやすくなることです。

Q2:申請は、暗号製品ごとに必要ですか。
A:はい、製品だけでなくバージョンまで厳密に区別されます。ですので、申請される場合は、利用される製品のバージョンを精査する必要があります。

Q3:上海万博の様な展示会に展示するための機器に暗号化機能が搭載されている場合、申請が必要でしょうか。
A:いいえ。必要ありません。展示会で展示することが目的である場合は、必要ありません。ただし、その製品を、中国国内で実際に販売する時には、別途面倒な登録作業がございます。詳しくは、下記の診断サービスをご利用ください。

Q4:申請代行サービスの料金はいくらになりますか。
A:中国現地の登録法人の場所や暗号製品点数などによって価格は変わりますので、まずは無料診断サービスをご利用ください。

Q5:暗号申請は、許可証が下りるまでどれぐらいの期間がかかりますか。
A:おおむね3か月かかります。
お申込みいただき、お客様の書類の準備や弊社側の申請書類の作成に約1ヶ月かかります。
申請書が、暗号管理局に受理されてから約2か月を要します。

Q6:MicroSoft BitLockerを使ったディスク暗号は、申請が必要ですか?
A:必要です。以前は、不要と回答だったのですが、最近暗号管理局の見解が変わって来ているようです。BitLockerは、暗号製品として、申請が必要とのことです。 不要であることを保証するものではありませんが、申請不要と思われます。
WindowsOSの補助的な機能という位置づけになり、当社で窓口に問い合わせたところ必要ないと回答をいただいた実績があります。
Windows標準機能によるPPTPのVPNも同様です。

暗号診断無料受付フォーム 暗号申請可否無料診断><!-- 暗号申請診断サービス -->
<area shape= 暗号診断電話無料受付
改ざん検知sitepatrol
codima toolbox
中国暗号利用申請代行
IT-SECUREITロゴ
問合せフォームへ
tel:073-499-6422

問い合わせる