IT-SECURE

ITセキュアは、アットシグナル株式会社のセキュリティソリューションブランドです。

サイトマップ  fb  fb  fb

問い合わせる

2010/7/23配信 Visio連携ネットワーク図自動作成ツール 新バージョンリリース 

こんにちは!

スタッフはよく異業種交流会やIT関連の飲み会に参加します。

何十人もの参加者の中で最初はどうやって交流を広げようかと
悩んでいたのですが、最近はある方法を見つけて楽になりました。
後半につづく・・・・・


このメルマガは弊社商品をお買い上げいただいた方、
イベントや交流会で名刺をいただいた方にお送りしています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ ネットワーク管理ツール codima toolbox がバージョンアップされました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ネットワーク管理製品群である codima toodbox がバージョンアップ。
バージョン7での新規リリース機能および改善点は、以下の通りです。
☆Windows7対応
 従来の対応OSに加え、Windows7 (32/64bit)に対応しました。
☆MicrosoftR VisioR 2010対応
 今年リリースされたVisio 2010 Pro以上のグレードに対応しました。
☆MSWord・HTML形式レポートのスケジュール自動出力機能
 事前に定義したレポートを日、週、月で作成し、MSWord・
 HTML形式に自動的に出力します。
☆ボトルネック検知の表示指定画面の改善
 通信のボトルネックを検知する機能の操作性を改善しました。
☆デバイスライブラリの追加
 本ツールは主要なネットワーク機器の情報を辞書登録しており、
 メーカや型番を自動特定します。その登録機種が9000を超えました。
詳細なリリース内容は、以下のURLをご覧ください。
http://www.j-its.jp/home/05/codima_press_ver7.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ P2Pファイル共有ソフトを入れていないPCに証明書を
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4月下旬、日本大学の職員がP2Pファイル共有ソフトを通して
約14,000人分の個人情報と1,500件の内部文書を漏洩させた事件がありました。

セキュリティで難しいのは、職場で使用しているPCだけでなく
個々で使用しているPCの管理も考えなければいけないところですよね。

システム管理者がすべてを把握するとなると手間がかかります。
また把握できたとしても、そのあとも使用者個人が意識しなければ
漏洩の危険が高まります。

この難しい問題を解決するツールがリリースされています。

ネットエージェント社「P2Pファイル共有ソフト検査証発行 支援ツール」
http://www.netagent.co.jp/scsa.html

P2Pソフトを入れていないPCに検査証を発行すると同時に、
厳密に検査することで使用者にも「情報管理の重要性」が伝わります。

P2Pファイル共有ソフトを利用したことがあるか、の履歴も
チェックできます。

もともとは就職活動を行う学生と企業の間でニーズが高まった製品ですが、
企業内でも十分活用できるのではないでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 情報システム管理の業務を効率化するセミナーのご案内 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

来週の月曜日 26日に迫りました!
Visio2010を使った
「情報システム部門のためのドキュメント作成・情報管理セミナー」を
マイクロソフト社と共催いたします。

● 日時:7月26日(月) 13:30~16:00
● 会場:マイクロソフト社 新宿本社6F セミナールーム
● 対象:情報システム部門に携わる方
● 主催:マイクロソフト株式会社
● 共催:日本ITセキュア株式会社

Visio2010では、さらにいろいろ機能拡張が行われ、情報システム部門
様の業務効率の改善に貢献できるものになっております。さらに、
具体的な活用ソリューションとしてネットワーク図の自動作成ツール
であるCodimaのご紹介を弊社代表の内山がプレゼンいたします。

「まだ使いこなせていないかも...」という方、
「新しい機能について詳しく知りたい!」という方、
ぜひマイクロソフト社で新しいヒントを持ち帰ってください!

来週月曜日ですが、まだ若干のお席があるようですので、
興味のある方は、ぜひお越しください。
参加について詳しいご案内はこちらです。
http://www.j-its.jp/home/05/post_18.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 編集後記 ―― 交流会での過ごし方
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スタッフが何十人もの参加者がいる会に出席して、
たくさん名刺を交換している時期がありました。

でも、戻ってから名刺を確認しても、
誰だったのかさっぱり思い出せない...。

そこで、交流会に参加したときは1人と最低15分ほど
必ず話し込むようにしました。
するとお互いのビジネスの話ができ、
人となりや考え方がわかって印象が深くなります。

ただ名刺交換をしていたときよりも、
1回の交流会で得るものがぐっと増えました。

皆さんの交流会での過ごし方はいかがですか?


★ 最後までお読みいただいてありがとうございました。
★ 次回は【中国出張に役立つツール】をお送りする予定です!

問い合わせる

改ざん検知sitepatrol
codima toolbox
中国暗号利用申請代行
IT-SECUREITロゴ
問合せフォームへ
tel:073-499-6422